まあなんかあるんじゃない?

主にコンシューマーゲームの情報や感想を取り扱うブログです。でも日記の割合も高いかも。

MENU

色々と雑記

何だか肉体的にも精神的にも疲れてしまったなーという感じです。

こういうときこそ夏休みがとりたいものですがいろいろミスってしまったなー。

もう明日は休んでしまおうか。

 

はい、引き続き更新するネタがありませんので

適当にゲームのお話をしようかと思います。

風花雪月のプレイ状況

f:id:bladbarn:20190818202732j:plain

風花雪月は現在もプレイ中でそろそろ2周目が終わりそうな感じです。

一週目は先々週の火曜とかに終わりましてプレイ時間は大体50時間くらいでした。

まあ色々感想はあるんですが、全体的にストーリーは消化不良感が強く、

1ルートだけだと何とも言えないなぁという感じ。

f:id:bladbarn:20190818202804j:plain

そんな感じなので2周目もプレイしているのですが

いやーこのゲームなげぇ!

2周目は黒鷲でやってるんですが、なんとこのルート分岐するっぽいんですよね。

3ルートだけでも意味わからんボリュームなのに

このゲームどこまで作りこんでいるんだって唖然としてしまいました。

昔だったら大歓迎だったであろう大ボリュームですが、

ちょっときついなぁと感じちゃう今日この頃。

さすがにこうなってくると全ルートはしばらく厳しそうですね…。

とりあえず今週は金鹿に入ろうか、黒鷲もう1ルートに行こうか悩んでいますが、

9月以降も新作立て込んでいるし一旦先延ばしにしようかなあ。 

プレイ時間もボチボチ80時間を超えてきていてそろそろいいかなぁという感じも。

オバケイドロ買いました

f:id:bladbarn:20190818202251j:plain

先日配信されたSwitchのオバケイドロ

Dbdをライトにした雰囲気が面白そうで、元々気になっていたのですが

FEで忙しすぎてプレイできていませんでした。

せっかくだし購入してみようかなーという感じで

先週購入。少しだけプレイしてみました。

f:id:bladbarn:20190818203345j:plain

全体的には3分ゲーという感じでコンパクトにまとまっており

中々好印象です。ラグや細かい判定が気になる物の、

2000円のゲームとして見れば悪くないと感じました。

初見時は人間の方が強いかな?と思いましたが、

プレイしているとむしろお化け側の方が有利なポイント多いですね。

 

この、隠れたり逃げ回ったりする感じは

正しく小学生時代のケイドロを思い出す感じで懐かしいなぁ。

僕はどちらというと逃げる方が好きでした。脚遅いからすぐ捕まってたけど。

 心が疲れてきてます

最初に書いた通りだいぶ心が来てます。

何というか色々と思い悩むところが多い日々で疲れるなぁと。

ほんとはこの記事も先週にあげる予定だったのに、

一週間も延びてしまいましたしね。ほんと最近疲れてきてます。

 

もう少し余裕があったらブログももっといっぱい書きたいんですけどね。

もう少し余裕のできそうな環境を探してみるか、甘いと言われそうですが。

ちょっと休みで色々と行動してみようと思っています。

風花雪月プレイ中なう&その他雑記

暑い日が続いていますねー。

こうも暑いとクーラーを入れざるを得ないわけですが

クーラーを入れ過ぎると今度は体が痛くなってくるという。

結果的に体調も悪くなってきますし、勘弁して欲しい所です。

 

さて、二週間ぶりの更新となります。

先週の土日はFE漬けでブログ書く余裕がなかったんですよね。

今週もどうしようかなと思っていたんですが、プレイ熱が

一旦落ち着いてきたので更新しようかなと思います。

風花雪月やってます

そんな感じで、風花雪月をプレイしています。

現在2部の6月で、プレイ時間は40時間くらいかな。

だいぶ無理したペースでプレイしていたので、

来週の土日にはクリアできそうな感じがします。

(おかげで今週は色々ボロボロでした。)

 

すっげー面白い!って感じる所と、

ここいまいちじやない?って感じる落差が大きくて

テンションの上がり下がりが激しいなーって感じてますが、

総じて楽しめているかなという印象。

でも二部が全体的に話が重くてそこは人を選びそうかな。

僕は再三一部で連れまわしていたキャラをスカウトできなかったせいで

戦って倒さざるを得なくなってとても涙しました。

他ルートでは絶対スカウトするんだ…。

 

他のルートの話がどうなっているのか、すっごい気になっているので

多分2周はすると思います。

だけど3周は出来るかなー、時間の都合もありますし。

頑張りたいですがあんまり無理してもなーっていう感じ。

またクリアしたら感想を書きたいと思います。

今後の購入予定ゲーム

7月までの購入予定は紹介していたと思うんですが、

その先の話をまだしていなかった気がするので

ここでさらっと紹介しちゃおうかな。

 

8月、9月はもう既に決めていて、

アストラルチェインデモンエクスマキナ白き鋼鉄のイクス

ドラクエ11Sイースライザのアトリエにしようかなと思っています。

8月はほんとは鬼ノ哭ク国も買おうと思っていたんですが、

体験版のあまりの出来に見送りを決定。

ロストスフィアの体験版でも買おうと思った僕でも見送るので

あれはだいぶヤバいと思います。

アストラルチェインは夏休みに遊ぶ予定。

僕は今年9月初めに夏休みを取ったのでそこで

サクッとクリア出来たらよいかな。デモンxマキナも同様に

9月の連休でプレイしてしまう予定です。

 

9月は最終週がわけわからない固まり方している上に、

Switchライトも買う予定なので

もう出費額がわけわかめな感じになっていますが、

まあこれ全部欲しいししょうがないかなー。

一度クリアしたドラクエ11と短そうなイクスは後に回して、

アトリエとイースを優先的にプレイしていく予定です。

ドラクエ11はやれるのはいつになるかなぁ…。

 

と、こんな感じですね。

やっぱりこう時間が厳しくなってくるとどうしてもゲームに対して

割ける余力が減ってくるのが難しい所です。

昨年だったら買ってたかなーって思う作品が結構あるだけに。

とはいえ急いでプレイしても疲れるだけだし、

選んだ作品をまあのんびりプレイしていこうかなー。

色々雑記

最近一日があっという間に過ぎていくので、時間の経過がとても

早く感じます。年を取ると早く感じるっていうのは本当だったんですね。

 

さて、今週は色々と書きたいことがあるので雑記形式でお送りします。 

ストフェスをプレイしました。

f:id:bladbarn:20190721191758j:plain

木曜から本日にかけて行われていたスプラトゥーン2のラストフェス

最近はすっかりプレイしていませんでしたが、最後という事で

久しぶりに友達と一緒に永遠までプレイしましたよ。

久しぶりにプレイするスプラトゥーンはとても楽しくて、

4時間くらいぶっ続けでプレイしてしまったなぁ。

 

しかし、もうスプラトゥーン2の発売から2年も経ったのですね。

色々不平不満はあったし、1のが楽しめたかなーとは思う物の

なんだかんだ700時間近く楽しませてもらいました。

思い返すと感慨深いものもありますね。

発売日の決まったルイージマンション3

先日、ルイージマンション3の発売日が唐突に発表されましたね。

10月31日とやや早めの発売かなぁという印象でした。

個人的には12月の発売だと思っていただけにね。

 

紹介映像も公開されたんですが、正直個人的に今作は

そんなに惹かれるものがないかなぁというのが正直な所です。

探索面での面白さとか、ゲーム面での革新さをもう少し

押してくれないと魅力が伝わってこないんですよね。

今のままだと2をただパワーアップさせた程度にしか見えないので、

買うかどうかも微妙な感じです。

昔なら多分問答無用で買っていたと思うだけに

僕もちょっと変わったなーと感じる所。。

来週はFE風花雪月!

f:id:bladbarn:20190721192100j:plain

とうとう、ファイアーエムブレム風花雪月の発売日が迫ってきましたね。

個人的には今年の一番の期待作であることはもう何度も言ってましたが、

本当に待ち遠しいですねー!

 

既に僕はダウンロード版の交換も済ませていて、準備は万全です!

後は3つのどこを選ぶのに悩んでいるかなーという感じ。

今の所女主人公にしてルーヴェンラッセで行こうかなーと思っているのですが、

出来れば全部やってみたいんですよねー。

今回1ルートもだいぶ長いみたいですし、厳しいかなぁ。

でもとりあえず1週を8月の終わりにまではクリアできるように

頑張りたいです!

天気の子見ました 

先日公開が始まった新海誠作品の「天気の子」。

前作の君の名は劇場で見てとても面白かったし、

その後に言の葉の庭秒速5センチメートルも見たので、

楽しみにしていて公開日の夜にササっと見てきました。

 

全体としてはまあまあという印象でしたね。

美術とか音楽面は相変わらず素晴らしいし、

話もキャラクターもいい部分はとても良いんだけど、

ちょっとチャレンジングな部分が目立ったかなという印象でした。

結末は別にあれでいいと思うし、伝えたいことも分かるんですが、

個人的にはもう少し話としての仕掛けが欲しかった。

後半部分はどこかで見たことあるような感じで、それをやるなら

もう少し作風に落とし込んで欲しかったというか。

チャレンジングすぎて本来の良さというか、見たかった部分が

あまり見れなかったのが個人的には少し残念でした。

 

でも見る価値はある作品だと思うので気になる方は

とりあえず見に行っていいと思いますよ。

今回もまた話題を呼びそうかなーと思いました。

ちょうど最近の天気的にも持ってるなーって。

もっと見ていたくなるような、楽しくも切ない夏の日々の物語!「Summer Pockets」感想

 f:id:bladbarn:20190714213330j:plain

先週からサマポケロスにうめいて、結局ドラマCDを買ってしまいました。

まんまと乗せられていますね…。

まだ聞いてないのですが、これを今週の楽しみにしようっと。

 

さて、先週予告していたSummer Pocketsの感想記事です。

 

本作のプレイ時間は25時間程度でした。

多分30時間に近い25時間なのでノベルゲームとしては

まあまあボリュームがある方だと思います。

ルートとしては4ヒロインルート+2ルートで6ルートという

表現が正しいんでしょうかね。

 

ゲームとしてはほとんど読み進めるだけのゲームで、

そこら辺は基本的に美少女ゲームという感じでした。

まあゲームならではの表現をシナリオで行っているので

そこは上手いと思いましたけど。

夏休みというテーマにした作品

f:id:bladbarn:20190714210406j:plain

今作はとにかく「夏休み」というのがまず前提にある作品でした。

舞台は孤島で季節は夏休み。

その中で夏らしい虫集めや水でっぽう、探検やお祭り、

駄菓子屋、海岸での水遊び、お泊り会など、

とにかく子供の頃を思い出す夏休みらしいイベントを全て盛り込んで、

各ヒロインに充てたような、そんな作品でしたね。

子供の頃の夏休みって正にずーっと続くかのような

楽しげな日々ですが、本作はそこに重点を当てたストーリーになっていました。

f:id:bladbarn:20190714210124j:plain

後半~終盤の展開はやっぱりkeyらしいというか、

そういう展開になっていくんですが、そうなっても

本題である夏休みの意味というか、役割が変わることは無いので

そこは最後まで一貫していてとても良かったと思います。

もっと見ていたくなる島の日々

f:id:bladbarn:20190714205919j:plain

そんな夏休みをテーマにした本作ですが、

舞台となる島を初めとした全体的な雰囲気は抜群に良かったです!

舞台の鳥白島はとにかく夏らしさに溢れた島で、

モデルとなった島にも行ってみたいなって思ってしまうくらい。
f:id:bladbarn:20190714210700j:plainf:id:bladbarn:20190714210240j:plain

また登場するキャラクターも素晴らしかった。

メインルートの感想は後述しますが、ヒロインだけでなく

サブキャラクターも非常に魅力的に仕上がっていて

もっとこのキャラクター達との日常が見たいな、と感じられるほど。

(特にこの3人がいい味出しているんですよねー。)

そのため、ゲームクリアしてしまった時の喪失感は中々の物でした。

総じていい世界をつくったなーという印象です。 

 各ルートの印象

さて、ルートに対しての感想も書こうと思うのですが

裏2ルートはどう書いてもネタバレになってしまうので

個別4ルートだけ書こうと思います。

ちなみに僕は鴎→紬→蒼→しろはの順番でプレイしました。

しろはルートは裏とのつながり的に最後が良いかなーという感じで、

蒼ルートも設定的に紬、鴎の後の方が良い感じ。

まあ他2人はどっちでも良いかなーという印象でした。

鴎ルート

f:id:bladbarn:20190714210615j:plain

という訳でプレイした順に紹介しようと思うんですが、

鴎ルートは全体的に冒険というテーマを強く押し出した物語でした。

夏と言えば、船、海賊船!子供時代を思い出すそんなロマンを

見つけに行くというテーマはとてもワクワクする内容で、

懐かしいなぁと感じられました。ストーリーとしては

先が見えない展開と、ミスリードが非常に上手くて面白いなと感じた一方で

ヒロイン力が他ヒロインに比べて圧倒的に足りないのと、

ラストのフワッとした感じがあんまり好きじゃないかなぁという印象でした。

まあ多分そこら辺は狙って作っている気はするんですけどね。

f:id:bladbarn:20190714210907j:plain

もちろんキャラとしては好きなんですけどね。

鴎は他ルートでも割と良さが見えるキャラクターだったので

そこは良かったなと思いました。

他ルートに一切登場して来ないキャラも少なくないので…。

紬ルート

f:id:bladbarn:20190714211027j:plain

次は紬ルート。このルートはとにかくヒロイン力全開のルートでした!

鴎ルートの次にプレイすると落差に驚くこと間違いなし!

クリアしてからしばらくむぎゅという言葉が頭を離れませんでした。

f:id:bladbarn:20190714211119j:plain

ラストはとても感動的なんですが、中盤辺りで何となく結末が見えてしまうので

ちょっとそこからの展開が冗長に感じてしまった部分があったかなと。

静久というキャラクターもいい味を出していたし、

最後の方の全イベントをやるみたいな発想も好きなんですが、

ちょっと長かったかなという印象もあって、そこはちょっと惜しかった。

後、このルートは全体的に説明が足りていなくて

そこら辺のフワッとした感じもkeyらしいなって思いました。

(いい意味でも悪い意味でも)

蒼ルート

f:id:bladbarn:20190714211257j:plain

次に蒼ルート。蒼ルートは個人的にコンパクトに

まとまっているという印象でお気に入りのルートです。

ギャグもヒロインもできる蒼のキャラクターも好きなんですが、

記憶と蝶の設定の使い方も面白くて、先が気になる展開でした。

日常パートでの伏線もうまく回収していて感心しましたね。

f:id:bladbarn:20190714211148j:plain

長さもあんまり長くなく、ややコンパクト気味ではあるんですが

蒼の想いの強さが見れる最後の記憶に触れるシーンは

個人的に今作で一番響いたシーンでした。

終盤で登場するあのキャラクターもいいキャラだけに

仕方ないとはいえ他のルートで全く姿を見せないのがもったいない…。 

しろはルート

f:id:bladbarn:20190714211433j:plain

最後にしろはルート。

メインヒロイン感出しているなーと一目で感じたので

最後に回しましたがまあよかったかなと思います。個人的には困り顔が好き。

このルートはしろはルートでもあるんですが、

どちらかというと裏の2ルートに繋がる内容になっていて

その為の伏線ルートという作りになっていました。

そのため話自体はややあっさり気味で、他3つを先にプレイすると

あれっこれで終わりかと思ってしまいましたね。

ただ全体的に良一や天善、のみき辺りが他ルート以上に

多く登場するルートなのでそこら辺は魅力的でした。

特に終盤の男組のかっこよさは必見でしたね。

f:id:bladbarn:20190714211614j:plain

しろはというキャラクターは裏2ルートまでプレイして、

とても完成度の高いキャラクターだなと感じました。

色々と詰め込まれたキャラクターだなと思いましたが、

何より優しさが第一に出てくる、テーマ曲ともピッタリ合うキャラクターで

人気が出るのも納得です。  

素晴らしい音楽

今作、全体的に音楽が素晴らしかった印象です。

keyの作品をゲームでやるのは初めてだったんですけど、

こんなに音楽のクオリティ高かったんですね。

Sea, You & Me蝉声とともに夏休みの過ごし方

辺りが序盤から耳に残っていましたがとにかく色々な曲調で夏を

表現しているのが凄いと思いました。

各ヒロインのテーマもキャラクターにぴったり。

後半に進むにつれてシリアスな曲が増えていきますが、

そこも抜群のクオリティ。

特にTwinkle of Alcorは聞くだけで来るものがあるなーって。

オープニングのアルカテイルも凄いいい曲で全体的にハイクオリティでしたねー。

間違いなく本作の価値を上げるのに一役買っていると思います。

しかしオープニングの映像は今みるとネタバレの嵐ですね…。

プレイしなければ分からないと思うだけに上手い作りになっています。

気になったこと

一方で気になった事も存在しました。

これはまとめて一言で総括できるんですが、全体的に描写が足りません

設定をきちんと多分考えているんだろうなってところも、

はっきり描写されないのでそれが正しい解釈なのか分かりませんし、

そもそも説明不足過ぎてフワッとしている部分も多数あります。

keyらしいと言えばそうだし、そのフワッとした感じも

良い味を出していると言えば否定はできませんが、

ちょっとさすがに説明が無さ過ぎた。

 

個人的には個別ルートで残った伏線を

裏で一気に回収していくんだろうなと思っていたのですが、

裏2ルートはほとんどしろはルートの続きみたいな感じの内容だったので、

他ヒロインルートで残った謎が一切説明されないのも不満でした。

グランドエンディング、あれはあれでとても感動的なんだけど

見たかったのとはちょっと違ったかなーというのもありますね。

快適にプレイできるSwitch版

さてSwitch版の違いですが、ほとんどオリジナル版と変わる所はないと思います。

CGの規制が云々でちょっと話題になっていましたが、

あのシーン以外には規制は一切なし。

あれもCEROを考えると妥当な処置でしょう。

f:id:bladbarn:20190714211743j:plain

Switchらしくタッチ機能対応、万能なスキップ機能、快適なセーブ&ロード。

ADVゲームとして必要な要素は完備しており非常に快適でした。

今作はずーっと寝転がってプレイしていたんですが

すっごい楽にプレイできましたよ。

これだからSwitchのADVゲームはやめられん…。

まとめ 

とこんな感じでした。後半のシナリオ面での不満はある物の、

全体を通してみるとその世界観には見事に魅了されてしまいました。

もっとシナリオを見ていたいのに、クリアしてしまった時は

何かを失くしてしまったかのような喪失感を覚えてしまいましたからね。

引いて計算するとそうでもないけれど、足して計算していく方式だと

間違いなく高評価になるような、そんなゲームでした。

 

 

Switchではあまり他にないタイプのゲームであることは

間違いなく、美少女系のADVゲームの中でも

よく出来た方だと思うので気になる方はプレイしてよいと思います!

丁度これから夏に入りますし、夏をゲームで体験してみたいな人にも

おススメですよ!さあ僕と一緒にこの喪失感を味合おう!

Nintendo Switch Liteについての印象

久しぶりに連休ということでのびのびと過ごしています。

連休だと日曜でも気持ちが楽なのがいいですよね。

 

さて、予定ではサマポケの感想記事をあげる予定だったのですが、

ちょっとに書く事ができたのでそれは後に回して、

こっちを先にあげてしまおうかなと。

突然発表されたNintendo Switch Lite

さてタイトル通り、先週に発表された「Nintendo Switch Lite」について。

先週いきなりツイッター上で発表された本ハードですが、

個人的にはある程度予想はしていました。昨年からの新型の噂や

時期を見るにそろそろ出てくるかなという感じはしていたので、

新たなバージョンという形で発表されたこと自体に

そこまで大きな驚きはなかったかな、と。

仕様についても色々と発表されたので簡単に印象を書いていこうかなと思います。

全体的には保守的な作り

まず、すっごい保守的に来たな!って思いました。それが第一印象でしたね。

携帯機版は普及を目指すという意味合いでは

どこかのタイミングで出すのかなとは思っていたんですが、

特に特別な仕様もなく単純にジョイコンをくっつけただけというのは

色々ある選択肢の中でも極めて保守的な選択肢なのかなーと感じました。

あまりチャレンジングをせずに単純に低価格にして、普及を目指す。

このハードは極めて保守的に、守りに行っているハードに感じます。

避けられないSwitchのコンセプトとの相互

Switchのコンセプトって据え置きの体験をどこでも持ち運べる、という物でした。

でもこのハードはそのコンセプトに真っ向から反する存在です。

3DSに対する2DSのような、そんなコンセプト。

オリジナリティの欠片もないので、

コンセプトから見る部分としてはあまり好きになれないのが正直な所です。

便利ではあると思うし、欲しいハード

ここまでかなりディスり気味に書いているように見えると思いますが、

僕はこのハード購入予定です。というのも普通に便利そうだから。

実際にどこまで軽いのか、持ちやすいのかという点を

見てから判断したいというのは勿論ありますが、

実際に僕はSwitchを2年間使っていて、

小型版はいずれ欲しいなって思っていました。

 

まず、Switchはやっぱり持ち運ぶにはどうしてもでかい!

運べなくはないけれど、もう少し小さくならないかなというのは

多々感じました。家で遊ぶから別にいらない、という人は

考えもしないようなことだと思いますが、やっぱり色々ゲームを

プレイするような人だと移動時間とかにも持っていきたくなるものなのですよ。

そこを踏まえるとこのハードはその問題をちょっとでも

和らげてくれそうかな、と。価格もお手軽ですし、

何か大きな問題がない限り普通に発売日に買おうと思っています。

 

2DSは3DSに比べて価格面以外のメリットが何一つ感じられなかったので

僕は大っ嫌いなハードですし、買いませんでしたが

今回は明確なメリットが存在しているのでそこが良いと思うんですよね。

まとめ

というのが、今回のSwitch Liteに対する僕の印象でした。

あんまりワクワクはしませんが、まあこれは一応必要かなと思うので

ポケモンとか遊ぶときにメインで使おうかなと思います。

ダウンロード版だと既存のと両機種で使う事ができるみたいなんで、 

今後はダウンロード版の購入が増えるかなぁって。

またSDカード買わなきゃ…。

マリオメーカー2で作ったステージ紹介!

連日パッとしない天気が続いていますね。

こういう天気の日は頭があまり動かないので、

中々休日を満喫できないのが困ったところです。

 

さて、先週は結構ゲームを進めることが出来ました。

2本同時並行していましたがサマポケは無事クリア。

マリメ2もストーリーモードはクリアして3つコースを作りました。

というわけで書ける記事はいくつかあるのですが、

今回はとりあえずマリメ2の記事を書こうかと思います。

サマポケは来週の連休にでも書こうかなと。

パーツが増えて楽しいコースづくり

f:id:bladbarn:20190707203731j:plain

さて、スーパーマリオメーカー2

楽しいですね!特にコースづくりがとても楽しいです。

前作になかったパーツが多く追加されたのも良いんですが、

個人的に新しく追加された3Dワールドのスキンがとてもお気に入り。

今の所全部3Dワールドで作ってしまっているくらいです。

ただ夜を使った仕掛けとかも作ってみたいし、あーもっと時間が欲しい!

 

という訳でコースづくりに試行錯誤を重ねているんですが、

今回は作ったコースを3つ紹介しようと思います!

とげとげ池を突破せよ!

f:id:bladbarn:20190707203806j:plain

まず、一番最初に作った「とげとげ池を突破せよ!」。

前作では森パーツを使ったステージを作っていなかったので、

3Dワールドスキンと併用して作ってみました。

イメージとしてはとにかく危険な仕掛けにあふれた池という感じ。

最初はボーンフィッシュをメインで考えていたんですが、

最終的に目立ったのはフグマンネンになってしまったような?

f:id:bladbarn:20190707203837j:plain

名前にも結構悩んだコースで最初は

「ミステリアス ウェットランド」という名前で投稿していました。

ただ、まあまあそれっぽい名前に落ち着いたかなと思います。

最後の辺りとかとげとげ要素ないんだけど。

危険度の割にそこまでクリアは難しくないかなと思います。

まあクリア率は低いんですが。中盤のトゲの所が難しかったかな?

爆走!スベールせつげん

f:id:bladbarn:20190707203903j:plain

2つ目は今日投稿した「爆走!スベールせつげん」。

名前の通り全力で雪原を突っ走るコースです。

氷床を活かすとしたらやっぱりスピード系かなと思ってこんな感じにしました。

f:id:bladbarn:20190707203919j:plain

中盤までは長さの割にあっという間についてしまうので、

そこまでは良かったんですが、そこからの作りにかなり悩みました。

最終的にはノコノコカートを借りるという感じになってしまいましたが、

まあスピーディーな流れを殺していないので良かったかなー?

最後のつらら窟は結構難しいので、一応中間を用意しておきました。

揺らぐ足場に気を付けて

f:id:bladbarn:20190707203957j:plain

最後に同じく今日投稿した「揺らぐ足場に気を付けて」。

お化け屋敷のステージを作りたかったんですが、

内容にかなり悩みまして最終的に足場不安定系にしました。

なので難易度はそれなりに高いかもです。

f:id:bladbarn:20190707204039j:plain

一応、鍵の謎解き要素も用意したんですが、

まあ多分普通に進めていれば謎を解くまでもないかなという感じ。

ただ難易度がちょっと不安だったので中間を2つ用意しました。

ちょっと終盤が難しいかもしれません…。(羽根つきテレンに注意!)

まとめ

と、こんな感じでした!

とりあえず3つ作ってみたんですが、最後のテストが結構大変で、

細かい修正作業に時間がとられるなと思いました。

まあ今の仕事もそんな感じで、ものを作るってこういうもんだよなって。

でもやっぱりこういうクリエイティブな作業は楽しいですよね!

もう少し今作は作っていきたいなと思っているので、

数が貯まればまた紹介したいと思います。

Summer Pockets & スーパーマリオメーカー2

今週の土日はずっとゲームをしていたので更新が遅くなってしまいました。

つくづく二日の休みじゃ足りねーって思います。

 

さて、今回は今プレイしているゲームの話でもしますか。

Summer Pokets

まずは先々週からプレイしているSummer Pockets

まあまあいいペースでプレイ出来ていて既に4分の3ルートクリアしたので、

多分来週にはクリアできるんじゃないでしょうか。

(残りはしろはルートです。)

f:id:bladbarn:20190630203338j:plain

全体的には夏らしさをメインにだしつつも

話の後半になって来るといつものkeyらしさが出てくるというか、

まあそんな感じでした。

個人的にはもう少し話の終わらせ方が明るい方が好みなんですが、

それでもまあマイルドな方かな。

f:id:bladbarn:20190630203505j:plain

ルートによっての格差があるとはいえ、

先が気になるという点ではどのルートもうまく作ってあると思いました。

キャラクターとか世界観とか結構気に入っているので、

このままクリアまで行ければ、中々お気に入り作になりそう。

スーパーマリオメーカー2

そして先週購入したスーパーマリオメーカー2。

こちらはまだ手を付け始めたばかりですが、

とりあえずストーリーモードをクリアしようかなと思っていて、

現在80%くらいのとこまで来ました。

f:id:bladbarn:20190630203728j:plain

ストーリーモードだけでも満足、とまでは行かないですが

それなりに出来の良いステージをいくつも遊べるので楽しいですね。

前作はこういうモードが無かったので新鮮に感じます。

f:id:bladbarn:20190630203834j:plain

仕掛けも全体的に新鮮で、あーこういうのつくってみたいなーと感じられる

作りになっているのも好印象でした。

とりあえず自分で1つだけステージ作ってみたんですけど、

まあまたいくつか作ったらブログなんかでも紹介してみようかなと思います。

 

と、こんな感じでした。

どっちも楽しくてゲームがとても楽しいです!

しばらくはマリオメーカー2をメインに遊んでいきたいですねー。