まあなんかあるんじゃない?

主にコンシューマーゲームの情報や感想を取り扱うブログです。でも日記の割合も高いかも。

MENU

映画「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-」を見てきた!

今週いっぱい更新していますが、突発的な物です。

単純に書くことがあると更新できるんですよね。

f:id:bladbarn:20190216201806j:plain

さて、今回はタイトル通り映画の記事。

先日公開された「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは

間違っているだろうか -オリオンの矢-」を初日に見てきました。

僕がダンまちファンなのは多分アニメ一期やっていた時期に

ブログでも書いていたと思うんですが(ラノベ原作から読んでます。)

あれから4年越しの劇場版ですよね。

アニメ版オラトリアが色々と残念な出来だったので、

あれでもう終わりかなと思っていたんですが、昨年本編二期に加えて

今回の劇場版まで発表されてファンとしてはとても嬉しかったです。

では早速感想を。

色々な意味で劇場版

今回はあまり事前情報を入れずに、時系列だけ把握して見てきたのですが

(5巻と6巻の間くらいみたいです。)

想像していたよりもずっとスケールの大きい話でした。

この時点のベルたちが対峙する敵としては明らかに強すぎるし、

というか本編最新刊辺りの敵も真っ青になるレベル。

でも事実だけ抜き出すと租借が出ないように上手くまとめていて、

途中に入れた話としても出来る限り違和感ないように作っているのが

伝わってきました。ここら辺はさすがに

原作者自身がシナリオを手掛けているだけはありますね。

 

具体的に例を出すと、

・舞台がオラリオの外

・登場人物も限定的(ヘスティアファミリアとヘルメスファミリア+α)

・劇場版限定のキーキャラクター

・劇場版限定の超威力武器  などなど。

特にあんまり原作でも出てこない街の外の世界を舞台にするのは、

原作の間に入れる話としては非常にうまいなと思いましたね。

原作にも中々ない残酷な話

ややネタバレになってしまいますが、今作はハッピーエンドではありません

所轄ビターエンドという形で、結末としては中々残酷な話でした。

原作も所々人が死んだりしますが、こういうどうしようもない感じの

悲しい話は本編ではあまり無いので少し驚きでした。

(オラトリアではまあまあありますが。)

 

まあでも、ストーリーとしては非常に見ごたえはありましたね。

こんな話にしてくるのは想像していなかったので

そこはいい意味で裏切られたという感じもあります。

原作らしく前半部分は非常にゆるいペースで進むんですが、

所々不穏な描写があってそこを後半一気に回収していくので鳥肌でした。

細かい描写の良さ、迫力のある戦闘シーン

その他、細かい部分の描写はさすがだなぁと感じました。

全体的にヘスティアをかなり丁寧に描いていて、

そこがアルテミス(劇場版のキーキャラ)の良さを引き出していたと思いますし、

ヘルメスも結構丁寧に描写していましたね。

全体的に神主体のストーリーだったなぁと思います。

後、ラストキャラクターをチラだししていましたね。

春姫さんがちらっと映ってたのは認識しました。二期楽しみです。

 

戦闘シーンは全体的にかなり良かった。アニメ版オラトリアのうんこみたいな

クオリティの後に見ると信じられないくらいレベルが高いです。

特にルミナス・レイのかっこよさは凄かったですね。

まあ劇場版なんで当たり前なんですが、

二期は見劣りしそうだなぁと思ってしまった。

まとめ

こんな感じですね。ストーリーも面白かったし、クオリティも高いので

全体的に出来はかなり良かったんじゃないかと思います。

ただかなり重めの話なので、ダンまちを軽いノリで見ていた

アニメファンが見に行くと少々面食らうかもしれないかなーとは感じました。

原作を読まなくても問題はないですが、

読んでいた方がストーリーの流れにはついていきやすいかな?

個人的には二期の前に久しぶりに熱を高められて良かったです。

Nintendo Direct 2019.2.14 まとめ

何故か昨日は全く寝れなくて、おかげで今日は体調があんまりよくありません。

自律神経の問題なのか、たまーに眠りのスイッチが入らない日があって

これは早い所直さないとまずいなぁ。

さて、ダイレクト見ました。今回はしっかりリアルタイムで見れたし

内容の方も充実していたのでかなり満足です。

いつも通り内容を簡単にまとめていこうと思います。

唐突に発表されたスーパーマリオメーカー2

まず、最初に「スーパーマリオメーカー2」がいきなり発表されました。

しかも6月発売ですって。結構大きなタイトルなのに随分伏せてましたね。

1月にNewマリを移植してからのこれは大丈夫なのかなーとは思うのですが、

Switchなので多分大丈夫なんでしょう。(適当)

 

前作はそれほど楽しめたわけではないんですが、

個人的な今作の注目ポイントは3Dワールドの猫マリオですよね。

途中でBGMが3Dワールドに切り替わるの凄い良いですね。 

6月は現状他タイトルが見えてないのもあるので、

とりあえず購入検討タイトルには入れておきたいと思います。

充実のサードタイトル陣

 今回は全体的にサード製タイトルがかなり多かったですね。

過去のニンテンドーダイレクトを見ていても珍しい比率なくらい。

タイトルに関しても意外性のあるゲームが多かった。

ルーンファクトリーはまさかの復活を遂げるし、 

ドラえもんは何故か牧場物語とコラボするし、

パワプロは超久しぶりに任天堂ハードに戻ってくるし。

ルーンファクトリーに関しては本当に復活はおめでたいと思います。

開発が倒産して以来、続編は長らく絶望視されていましたが、

ようやくシリーズに復興のめどが立ったのですね。

スクエニから発表された「鬼ノ哭ク邦」はやはりTokyoRPG製作。

PS4、スチームとのマルチタイトルみたいです)

セツナ→ロストスフィアよりはまだ変化と可能性を感じさせますが、

ここの作るゲームは雰囲気ゲーだからなぁ…。

というかロストスフィアのあの結果でよく続編を出せたなと。

でも今作は音楽にプロキオンスタジオが関わっているみたいだし、

時期次第ではまた買ってしまうかもしれませんわ。

残念ながら発売日は出ませんでしたが、「デモンエクスマキナ」も

プロトタイプ版の配信が開始。

ちょっとプレイしてみましたが操作が複雑で覚えるのが大変そうでした。

でもプレイしていて面白く感じるのでやっぱりこれも購入したいです。

発売は夏という事で、夏にかなりタイトルが固まってきましたねー。

 そして「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S」! 

詳細情報によって、3DS版の2Dモードの収録

音源のオーケストラ化、仲間キャラがフィールドでも表示、

数々の追加エピソードなどの要素が発表されました!

特に2Dは求めていた人多いんじゃないですかねー。

 

いっそすがすがしいほどの完全版ですが、凄い豪華に仕上げてきましたね。

2年空いたし、完全版としてはちょうどいいタイミングなのかもしれません。

そんなに好きな商法じゃないけどこれはファンとしては押さえなきゃ。

FEは7月、そして…

一方の任天堂発売のタイトルは中心とされていた

ファイアーエムブレム 風化雪月」が紹介。

中心といった割に、あんまり紹介時間は長くなかったですが。

 

今作は学園物になるんですね。賛否のある所だとは思いますが、

個人的にはFEは毎作新しい挑戦をしていた凄いなーと。

今作もまた独特の味付けな作品になっていそうで楽しみです。

発売日は7月26日と春発売からは少し遅れてしまいましたが、

まあ今年に発売されるのなら良いか。

僕はもうダウンロード版の限定版をニンテンドーストアで予約しました。

下半期は期待作多いですが、とりあえず今作が本命になりそうですねー。

 そして動画ラストではサプライズ枠としてプラチナゲームズ開発の

ASTRAL CHAIN」が発表!

SFっぽい世界観だったので最初はモノリスの新作かな?と思いましたが、

戦闘がプラゲーっぽくてそこで薄々気づきました。

 

しかし、グラブルの契約が終わって

プラゲーは何を作っているんだろう、みたいな記事を数個前にあげましたが、

まさかこんなタイトルを作っていたとはね。

今回初出なのに既に発売日は8月30日と決まってるのも凄い所ですよね。

プラチナゲームズ任天堂ハード完全新作としては101以来の作品ですが、

今作はいい売れ線行っている気がします。僕も出来れば押さえたいかな。

 もう一つサプライズ枠として「ゼルダの伝説 夢をみる島」のリメイクが発表。 

2Dゼルダの噂はあったけれど、リメイクだったんですね。

個人的に2Dの質感が結構好きなので、これもちょっと興味があります。

夢を見る島は結構評価の高い印象なので、

出来ればプレイしてみたいですねー。謎解きは苦手ですが。

その他気になった情報 

・実質スターフォックススターリンク

バトロワテトリス

・まさかのDbd

まとめ

全体を通して意外性にあふれるタイトルばかりで、

かなり充実したダイレクトだったのではないでしょうか。

個人的にも刺さるタイトルが多くて、こんなに楽しめたのは

2017年のSwitchカンファ以来です。

 

2019年前半に関してはやはり手薄になったしまったなという感じですが、

下半期は6月のマリオメーカーを皮切りに毎月注目作が発売される予感。

今回発表されなかったルイージマンション3や、どうぶつの森

ポケットモンスターの存在などを考えるととんでもない

タイトルラッシュになる可能性がありますね。

 

個人的にはそのラッシュを昨年に持ってきてくれれば…という感じだったんですが

なんにせよとても楽しみです。

出来る限り時間を見つけて注目作を追っていきたいなー!

久しぶりにそんなゲーム熱に燃えました。

5か月ぶりのニンダイ告知

 

ネルケのアトリエ、ダラダラプレイしているんですがゲームオーバーになりました。

このゲーム期限性なんですが課題の難易度が非常に不親切で、

初見だと多分突破出来ない気がするんですよね。

今は時間があるからいいけど、周回前提のゲーム性は好きになれないなぁ。

 

さて、久しぶりにニンダイの告知が来ましたね。

僕は前々から3月説提唱していたわけなんですが、無事外れました。

例年2月はあまり動きがないんですが、珍しく動いてきましたね。

(2月ダイレクトは2014年振りです。)

1月に何もやらなかったから、その分多少早くしたという感じなんでしょうか。

 

ちなみに海外のリーカーから9日あたりに既にリーク情報が出ていて、

(king zellという人が13日(こっちの14日)と予告していたようです。)

今回も見事に的中させてきましたね。直前にフラグっぽい情報は

いくつか立っていたとはいえ、ここまで当ててくると

なんか繋がっているんだろうなぁと感じます。

 

で、今回の内容は「ファイアーエムブレム 風化雪月」を中心に行うようです。

昨年3月に行われたのが6月のマリオテニスエース中心と言っていたので、

これで大体発売時期も見えてきましたね。

あまりに情報が無さ過ぎてほんとに今年発売するのか?と思っていましたが、

何とか発売されそうで何よりです。

他、順当に紹介されそうなのはデモンXマキナ、ルイージマンション3あたり。

デモンXマキナは前回も紹介されていただけに、

そろそろ発売日が決まってもおかしくなさそうですが…。

後は恒例のWiiUからの移植タイトルもありそう。

リークではピクミン3が話題になっていましたがどうなるか。

 

まあ明日答え合わせでまた更新します。

遠い昔の思い出にお出かけ

最近、以前にもましてアトリエ記事へのアクセスが増えてきていたので

若干記事への修正を加えました。年間通してやたらとアクセスがあるのですが、

やっぱり不思議三作レビューしているのが大きいのかな?

黄昏もちゃんとレビューしておけば良かったなー。

 

さて、そんなゲームとは全く関係のない話なんですが

先日ちょっとお出かけしてきました。

f:id:bladbarn:20190209203258j:plain

めっちゃ分かりやすい画像なので説明する必要もないと思いますが、

夢の国に行ってきました、友達と一緒にね。

 

意外かと思われるかもしれませんが、僕は結構ディズニーリゾートが好きです。

ブランドがそこまで好きって訳じゃないんですが、

昔何回も行った思い出があって凄い楽しかったなーと今でも覚えているんですよね。

そんな楽しい思い出だったのですが、今回より前に最後に行ったのは

このブログを初めてすらいない2009年の頃。つまり、約10年振りの再訪でした。

そもそもここ十年間くらい、僕はテーマパークにも

全くと言っていいほど行ってなくて、すっごい久しぶりでしたね。

f:id:bladbarn:20190209203728j:plain

ほとんど思い出が子供時代の頃の中、

20を過ぎた今になっても楽しめるのかちょっと不安だったんですが、

嬉しいことに今行ってもとっても楽しかったです。

昔に比べて園自体はあまり大きくないな、とか

アトラクションも思ったより長くないなとか感じたりする事はありましたが、

以前の記憶の光景のまま美しい景観を見る事が出来て楽しかったなー。

f:id:bladbarn:20190209204042j:plain

やっぱりこう、子供時代の思い出ってどこか美化しがちで

年を取ってから体験するとがっかりする事も多いと思うのですが

ここの雰囲気の変わらない感は凄いなーって。修復中の施設だったり、

インディージョーンズがやってなかったりやや雰囲気的にうーんって

感じたところはあるんですが、それでも昔の思い出のまま

体験できるとなんだかうれしいものがありました。

f:id:bladbarn:20190209203911j:plain

後やっぱり、ミステリアスアイランドは素晴らしいですね。

雰囲気、景観、アトラクションのミックス具合が素晴らしくて、

どこから見てもワクワクします。

センターオブジアースは10年振りに乗ってもやっぱり最高だったし、

海底二万マイルも昔よりも楽しく乗れた気がしました。

 

と、楽しかったーという記事でした。

ディズニーってやっぱり自撮りーとかカップルーとか

そういう需要の人気も強いと思うんですが、

単純に異世界を思わせる雰囲気づくりで抜群で

そういう所が凄くいいと思うんですよね。

僕がファンタジーチックなRPGが好きなのも、

ある意味ここに原点があるのかなという気がしています。

ある意味一区切りつくこのタイミングで行けたのは良かったですし、

今度は10年も開かないうちにまた行ってみたいなと思いました。

ゲーム情報雑記

今のペースで行くと、

今月中にロケットリーグのプレイ時間が100時間を突破しそうです。

いやーこのゲーム、フォートナイト以来のガチハマりゲームですわ。

 

さて、ネルケもまだ先がなさそうで

ゲーム日記の記事がないので少し情報関連の記事を書いてみましょうか。

 プラチナゲームズが「グランブルーファンタジー Relink」の開発か外れる

 先日、「グランブルーファンタジー Relink」の開発から

プラチナゲームズの契約が終了したという情報が発表されましたね。

グランブルーファンタジー Relinkと言えば、2016年に発表された

人気のソーシャルゲームをハイエンド風に仕上げるという作品でしたが、

発売がズルズル伸びて未だ発売時期も未定の作品でした。

とはいえ昨年の12月にはこんなPVも出ていただけに意外です。

このPVを見る限りは、アクションもステージも

実にプラチナゲームズらしいなぁという印象なんですけどね。

個人的にも注目していただけに少し残念です。

まあ正直プラチナゲームズにガッツリしたRPGは無理だと思っていたけど。

(これをやるとしたらストーリーラインのステージ制ですね。)

 

今回の発表は決裂したのか、ほぼ開発が終わったのか。

はっきりはしていませんが、多分前者なんじゃないかなぁと。

サイゲームズ自身にどこまでコンシューマーのゲームが作れるかは懐疑的ですね。

 

後、プラチナゲームズは開発タイトル抱えすぎですよね。

2017年から音沙汰のないベヨネッタ3、

同じく18年E3から音沙汰無しのBABYLON'S FALL、

スマホゲームでもこれまた音沙汰のないLOST ORDERと。 

発売したタイトルは17年のニーアまで遡らないとないので、

かれこれもう2年もタイトルを発売出来ていないことになります。

ちょっと開発ラインに限界がきているのかなぁというのが薄々。

実態はどうなのか分かりませんが、ベヨネッタ3は

早く遊んでみたいのでどうにか頑張って欲しい所。

任天堂の質疑応答

先日、任天堂の経営方針説明会での質疑応答の内容が公開されました。

開発タイトルの遅れについて指摘されている所では、

「すべてがそのようなことは無い」と述べられていて、

ならまあ今年予定のソフトは出せそうなのかな?という感じ。

まあ遅れてて遅れてますとは言わないと思うので何とも言えませんが。

 

後は既に発表済み以外のタイトルで

ファンが喜ぶ用意もあると発言している部分もありました。

まあそこら辺踏まえるのなら下半期は頑張るという感じなのかもしれませんが。

個人的には新規タイトルとか色々みたいんですが、そもそも

シリーズ作が発売されるか微妙な段階なので期待していいのか悩む所です。

 

まあなんにせよ次のダイレクトである程度は明らかになるでしょう。

3月上旬だと思うんだけど、どうかなー。

ネルケと伝説の錬金術士たち〜新たな大地のアトリエ〜 序盤プレイ 感想

気づけば1週間更新を投げていたという事実。

1月は結構更新したつもりだったけど、開けすぎましたね。

さて、先日発売された

ネルケと伝説の錬金術士たち〜新たな大地のアトリエ〜」をプレイしています。

最近購入予定記事あげてないですが、このタイトルは

元々12月の購入予定に入れていたタイトルだったので

まあ今さら書く必要もないかなと。機種はSwitch版にしました。

多分5~6時間くらいはプレイした気がするので、ざっと感想を書いていきます。

スマホゲームのような内容、でも悪くない 

f:id:bladbarn:20190202194204j:plain

PVを見てある程度察していましたが、今作は全体的に

スマホゲームみたいな内容という印象を受けました。

システムの根幹にある街づくりもあまり本格的なシステムではないし、

戦闘はスマホゲームでよく見るオート移動オートバトル、

3Dがメインになっていた会話もアーランド以来の立ち絵会話、

全体的なUIも安っぽいです。 

まあこれはPVで薄々分かっていた事だったので、

後はそれがどのくらい面白いかが焦点だったのですが、

面白さという観点からみると中々悪くないかなと。

f:id:bladbarn:20190202194104j:plain

街づくりシステムはターン性で進行していって、

平日ターンで調合、販売、栽培などの指示を行い

作成から販売を通して住民の要望をかなえたり、

在庫の調整から黒字赤字を考えての建築などなど。

休日はイベントを観たり、オート探索したり。

f:id:bladbarn:20190202195551j:plain

一つ一つの内容は割とおおざっぱなんですが

その分テンポよくサクサク街づくりの簡単な所がプレイできて

感触としては悪くないんですよね。

これはある程度割り切って作ったからこそ出た面白さだと思います。

ファンには嬉しい過去作キャラクター

f:id:bladbarn:20190202194328j:plain

むしろファン的にはこっちのほうが本命感のある

過去作キャラクターの大集合。これも悪くないと感じました。

キャラクターの登場ペースはゆったり目ですが、

イベント量は中々多く知っているキャラクターのイベントを

観るのは中々楽しいです。

f:id:bladbarn:20190202194302j:plain

ちなみに4~5時間程度プレイした所で不思議組が出てきました。

イベント見る限り多分リディー&スールの後か本編中から飛んできたという

感じの設定何ですかね。後、ソフィー先生の声に違和感を感じたのですが

相坂さん、最近まで喉痛めて休んでたんですね。

あの人に限ってソフィーの声を忘れる事はないだろうし、

無理して収録したんだろうなー…。

全体的にはアトリエファン向けの作品

システム自体は悪くないし、過去作オールスターなので

個人的には結構あたりを引いたかなと思っているのですが、

一方でゲームシステム自体に定価7000円の価値を見出せるかは

微妙かなと思います。街づくりに期待して買う作品というより、

アトリエシリーズのファン向けの作品であることは間違いないですかね。 

f:id:bladbarn:20190202195511j:plain

今作のストーリー、オリジナルキャラクターも一応あるんですけど、

それにそこまで価値を見出すのは難しそうというか。

ネルケのキャラ付けは悪くないし、ストーリーも悪くは無さそうですが

本格的な物には見えないんですよね。

あくまでシリーズオールスター作品と考えた方がよさそうです。

まあまだ分からないですけど。

 

と、こんな感じですかね。

正直、システムにはかなり不安を抱いていたので思ったよりも

遊べて良かったです。とりあえず最後までプレイして

また感想を固めましょうかねー。

メトロイドプライム4延期に見るSwitchソフト開発の苦戦

ゲームって一度積んでしまうとマジで再開する気なくなりますよね。

気持ちが切れてしまうというか、ゲーム側じゃなくて

自分に問題があるのは分かっているのですが困ったもんですわ。

 さて、昨日の話題のメトロイドプライム4の発売の大幅延期。

当ブログでも取り扱いますが、単に一つの情報じゃなくて

色々な情報と併せて考察していこうかなと思います。

恒例の発売延期

任天堂の作品が作り込みの重視で発売延期になることは、

そんなに珍しいことではありません。

最近だと「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」がそうで、

2015年発売予定から伸びに伸びましたよね。

ここら辺は今に始まった事じゃないので延期自体は妥当かなと思いました。

 

ただ、それ以上に深刻なのが一から作りなおしているという部分ですよね。

これだけじゃだめだからそれに足していくのと、

全部放棄して一から作りなおすのでは全然時間もコストも異なるので、

これは結構難しい選択をしたなと感じました。

よほど制作環境が上手くいってなかったんでしょうなぁ。

上手くいっていない印象を受ける開発タイトル

本作の延期もそうなんですが、2018年以降任天堂

いくつかのタイトルを上手いタイミングで出せていない印象を受けます。

昨年も記事でまとめましたが、タイトルの並びは正直いまいちで

いくつかのタイトルの開発が延びてしまった、という感じでした。

実際に3月発売のヨッシークラフトワールドはグッドフィール開発から

内製になったという噂があります。発表から発売まで異様に長かったことや、

クレジットを見る限りほぼ確定と言われていますが。

他にも2018年発売予定だったFEは2019年にずれ込み。

そもそも18年のE3タイトルも少なすぎでしたね。

 

そしてこれらのタイトルの伸びで生まれてしまったのが

1~3月までのビミョーな感じのラインナップ。

自社から発売出来るタイトル全て2Dアクションって、

Switchだから何とかなりそうだけど、WiiU時代だったらどうなっていたことか…。

1年目の再来は厳しい

僕はSwitchの1年目を見て、これならタイトルのスケジュール管理も

うまく行きそうだなーと思っていましたが、それは誤りでしたね。

相変わらず任天堂はHD機のソフト開発が上手くいっていない印象です。

この微妙な間延び間は実にWiiU味を感じますよ。

やはり一年目は2016年のWiiUを捨てたのが大きかったんですね。

  

最も、1月にニンテンドーダイレクトをやれなかったことから

薄々察しはついていました。僕は今回はやらなかったのではなく、

タイトルがなくてやれなかった、と見ています。

ファースト頼みのハードとしては厳しい状況なんですが、

それでも国内は何とかなってしまいそうですね。

 

後、今後任天堂メトロイドプライム4のようにタイトルだけの

情報公開は行わなくなりそうですね。

より近日のタイトル情報しか公開しなくなりそうな気がしていて、

それは少し残念な所です。

これでしばらくヨッシーより先のタイトルが見えなくなってしまいましたね。

まあ次のダイレクトを待つしかないかなー。