まあなんかあるんじゃない?

主にコンシューマーゲームの情報や感想を取り扱うブログです。でも日記の割合も高いかも。

MENU

個人的な2015年ゲームランキングトップ10

あーバイト忙しくて更新遅れましたー
時間ないんじゃー

後幻影異聞録限定版買ってます
現在プレイ時間15時間弱くらいでずか
現時点でトップ10入れられそうなくらいには面白いですね
とくに戦闘がすごい面白い
このタイトルはいずれレビューしたいかもしれません

さて全記事に続いていよいよトップ10!

10位

ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城


さてトップ10の最初を飾るのは
PSハード久しぶりのドラゴンクエスト作品だったこのタイトル
初報の段階では「また無双か…」とも思ってしまいましたが
実際無双系のアクションRPGとしてよくまとまっていたゲームでした

僕は実のところアクションRPGはあまり好きじゃないんですよ
ものすごく下手くそだから
でもこのゲームは無双シリーズの簡単な操作とアクションを取り入れながら
決して簡単すぎずのいい調整になっていて
個人的にはベストの難易度でした
まあ全体的なグラフィックや演出の質も高く
HD機のドラクエは凄いなーとも感じましたね

とはいえ残念なところもなかったわけではなく
ヒロインの棒読み
そしてそのせいで学芸会感溢れる微妙なストーリー
全体的な冒険感のなさ等等問題点と感じたこともいくつか

でもそれ以上にアクションRPGとして面白かったのでこの位置です!
なんというかドラクエの技を実際にアクションゲーで出せて
なおかつまとまっている出来なのはそれだけですごいなと感じたので
2も楽しみにしています!
できれば上記の問題点は改善して欲しいですが
まあストーリーに関してはこんなものなんかなー

9位

STELLA GLOW


9位はイメージエポックの実質的な遺作となったこのタイトル
まあ販売元はセガなんですけどね

レビューで詳しく感想は語ったのでそちらを参照にしていただけると助かります
戦闘のテンポが悪い以外はかなり高水準にまとまったゲームという感じ
未だ高価安定しているのも納得でしょう(出荷が少なかったというのもあると思いますが)
後サントラは結局でなさそうですね…待ち望んでいるんですけど

ほんとこのくらいの良作を出し続けていればイメージエポック
それなりに悪くない立ち位置だったのに
立て続けに変なゲームを出すからあんなことになって…

まあとにかくゲームとしては面白いですし
ストーリー関連も面白いので
SRPGが好きでなおかつ何か惹かれる要素があったら買って問題ないゲームだと思いました

関連記事

「ステラグロウ」クリアしました
テンポさえ良ければ名作になれた良作 「ステラグロウ」レビュー

8位

XenobladeX


8位は今年最大の期待作だったこのタイトル
ここ数年で一番期待していたタイトルだったといっても過言ではありません

残念ながらゼノブレイドほどの名作にはなれなかったという印象ですが
それでも非常に楽しめた面も多く
一概に否定できないゲームだと思っています
でもやっぱり期待していただけあってもう少し演出とかストーリーは頑張って欲しかったな
なんだ前作であんなに良いものが作れていたのにああなってしまったのか
特に結局シナリオに関しては未完で終わってしまいましたね
公式ツイッターの沈黙ぷりといいどうしてもそこには好感が持てません
せめてゼノブレイドクロス エピソード1とかついていればなぁ
大逆転裁判といい最近はこういう商法が増えてきているのでしょうか

でもフィールドは非常にすごくて
未だにたまに起動して走り回りたくなるほど
4月のゼノブレイド記事でも書いたと思いますが
僕はやっぱり一番ゼノブレイドで好きなのがあのフィールドだったので
そこはしっかり正統進化していてよかったと思います
ほんと走り回っているだけで楽しいんですよね、このゲームも
ドールで空を飛べるのも素晴らしかった

まあなんというか全体的に尖りすぎているゲームなので
賛否割れるでしょうこれは
でも別にクソゲーではないと思います
それこそストーリーで全てが決まるんだったら糞かも知れないですけどね
別にそんなことはないですから

正直このゲームに関しては語りたいことが多すぎてまとまる気がしないのでこんなところで
過去記事でも細かく語っているので参照
あー後澤野氏のBGMはとても良かったと思います
サントラの仕様はしらない

関連記事

ゼノブレイドクロス ストーリークリア いろいろ雑感
いろいろ凄まじいゲーム ゼノブレイドクロス 序盤~中盤辺りまでのプレイ感想

7位

リズム天国 ザ・ベスト+


7位は2011年以来四年ぶりの新作だったこのタイトル
前作の完成度が非常に高かったので地味に期待度が高かったタイトルでもありました

相変わらずシンプルな音ゲーとしては非常によくできており
プレイしていて気持ちいい、という点においてはとてもよくできているゲームでしたね
ほんと前作は初プレイだったのですが各ゲーム非常に楽しめ
夏いっぱい遊ぶくらいハマったので今作もハマれるといいなと思っていたのですが
時間的にはそこまでプレイしなかったものの
今もたまに起動したくなるほど面白かったゲームもあり満足度は非常に高いです

特に今作は過去作がいろいろ収録されているのですが
僕は過去作をほとんどやっていないのが大きかったですね
新鮮味を感じてプレイすることができたのは良かったです

個人的に一番好みだったのは「ハチハチリミックス
映像面や曲の良さのありますが
何よりゲームと音と映像がとてもマッチしていて楽しい気分になれるのですよ
これだけはほとんど判定すらパーフェクト取れそうなほどハマってしまったw
簡単なんですけどね
後ファイナルリミックスもよかったですね
まさかメドレー形式でああ流れてくるなんて
みんリズと今作のテーマしかわからなかったので気づくのに時間がかかりましたよw
難易度はみんリズにくらべると低めだった気がしますが(パーフェクトも普通に取れました)

と全体的なゲームの満足度は高かったものの
今作の新しい試みであるストーリーはイマイチでしたね
なんというか本当に子供向けにしすぎていて「うーん」となってしまいましたw
スパイスとしてなにか加えたかったのはわかるんですがもう少しどうにかならなかったのかなw

とはいえ全体的なゲームの満足度はかなり高かったので90点以上です!
このゲームはあまり変化はないものの安定している出来ですね
そんなに毎年出ているようなゲームでもないので
マンネリを感じにくいのが良いのかもしれません

ちなみにこのタイトルから今年は90点以上です
昨年は5位からだったので全体的な水準は上がりましたね

関連記事 
「リズム天国 ザ・ベスト」買いました

6位

ブレイブリーセカンド


さて次のタイトルは世間での評価が著しく低いこのタイトル
もう何度もこのタイトルについては当ブログ言及しているので
いまさら特に詳しく話すことはないか

ゼノクロ前にささっと終わらせたのがよかったのか
ボロクソに叩かれているシナリオ面も僕は割と好印象に楽しめたのが良かったですね
冷静に考えると突っ込みどころが多いシナリオでもありましたが
僕は前の記事でもいいましたがゲームのシナリオに関しては整合性より雰囲気重視なので
そこは別にって感じなんですよね
今作は全体的にゆるい雰囲気のシナリオだったのでそこは別に、むしろ好きだったかなー

後は戦闘システムも良かったですし
世界観の雰囲気も相変わらず良かった
とまあこんな感じで僕はこのタイトル普通に好きなので
この位置に置きました

まあでも否定的な意見にも同意できる点も多く
ブレイブリーデフォルト」の続編としてふさわしいゲームかといわれると疑問にもおもうので
これでよかったのかどうかは正直なんともいえないですね
なんというか新シリーズとして成長させたいならもう少し慎重に続編を作ればよかったのにと
まあ散々な評判を見ていろいろ考えてしまいます

詳しくはレビューをどうぞ

関連記事

あれ?普通に面白いじゃん! ブレイブリーセカンド 序盤~中盤 プレイ感想
「自分」は楽しめた 「ブレイブリーセカンド」レビュー

5位

東亰ザナドゥ


さてとうとうトップ5
その最初に来るのはファルコムの新規アクション作品だったこのソフト
閃、閃2はいまいちすっきりしない作品が続いていたファルコムタイトルでしたが
このタイトルに関しては個人的には軌跡シリーズの中でも一番好きだった零の軌跡に匹敵するほど楽しめましたね

作風自体は良くも悪くもペルソナ意識から変わっていませんが
閃で不評だった点をほぼほぼ改善していて
あまり新しい要素自体はないとはいえうまくまとまっていました
ストーリーはよくありがちな展開でしたが後半からは王道でとても熱く個人的には満足
悪人がいないというのも良かったですね

アクションに関しては今年プレイしたアクションタイトルとしてはかなり面白かったです
動かしてて楽しいんですよね本当に
ダンジョンが長すぎず短すぎずなのもちょうどいいポイントだなぁと感じました

全体のゲームを通してもADVパートとアクションパートがしっかり分かれており
ADVパートの方もそこそこ作りこまれている街を回るのも割と楽しく
なかなか頑張っているじゃんと

まあ、詳しくはこれもクリアレビューで語っているのでそちらを参照ください
続編も期待しているんですが少なくともまだ数年はかかりそうですね
正直今の軌跡シリーズよりはこっちの続編をプレイしたいんだよなぁ…

関連記事

東京ザナドゥクリア

4位

ソフィーのアトリエ 不思議な本の錬金術士


4位は新規世界観となったシリーズ作品のこのタイトル
個人的には黄昏シリーズが非常に好きだったこともあって期待値は低めだったというのもあるのですが
予想以上に楽しめたゲームでしたよ

全体的なゲームとしてはシャリーのアトリエの緩さを引き継いでいて
好きな時に調合したり探索したりできたのが相変わらずても楽しかったです
前情報調べていなかったのでてっきり日付システムあると思っていましたからw
また全体的なフィールド数も大幅にパワーアップしており
単純なゲームとしては新シリーズ1作ながらも非常にクオリティの高いゲームでしたね
前作は新しいことに挑戦した結果いろいろおざなりになっていた所もあったので
そこらへんを改善してきていたのは良かったです

また新システムとしてはフィールドの天気や時間での情景の変化!
これが非常に素晴らしかったです
綺麗なフィールドばかりなのに時間帯で別の姿を見せてくれるんですよ!
本当にアトリエのフィールドは綺麗なのでついついカメラをグリグリ動かしてみてしまいました
また世界観の雰囲気も美しく音楽もとても素晴らしいので走り回っていてとても楽しかったです

そして今作何より面白いのが調合システム!
黄昏シリーズはあくまで冒険やストーリーのおまけ扱いとして
あまり調合に重みをおいていなかった印象でが
今作の調合システムは非常に面白かったです
どの釜を使うか考えたり材料の大きさと効果を組み合わせながら
できるだけいいものを作ると考え四苦八苦するのがとても楽しかった!
あのシステムはシリーズ続けるなら搭載続けて欲しいですね

一方微妙だと感じたのが戦闘システム
これはまあ前作のシステムが神がかっていたから仕方ないのかもしれませんが
なんだか地味な戦闘に戻ってしまったなぁと
とはいえ別につまらないわけではないんですけどね
シリーズ1作目戦闘としてはアーシャよりは面白いので今後に期待か

後キャラクターは「薄い」と感じました
主人公とブラフタはかろうじて印象に残りましたが
残りはレオンとコルちゃんくらいしか覚えていません
黄昏くらいキャラクターに印象残るといいんですけど
そこらへんは難しいのかな

ストーリーは一応物語としてあったのは良かったです
ないまであるとは思っていたので
ただもう少し、もう少し長くてもよかったんじゃないかな

とまあこんな感じでしょうか
素晴らしい点があまりにも良すぎてそこだけで90点以上もぎ取っている感じですね
でも悪い点もそこまでひどいというわけでもないですし妥当か

ちなみにPSV版ですが某ゲームと違ってこちらは特に問題なくプレイできました
ゲーム的な相性も考えるとこちらをオススメしたいかな
もちろん据え置きでもいいと思いますが

3位

ポケモン超不思議のダンジョン


さて次
つい先月レビューしたこのタイトルが3位です
このタイトルは詳しくレビューで話したので改めて語ることはないですが
ストーリーとBGMに関しては今年最高クラスだったかなと
やや伏線回収できていないところもあるんですが
中盤から終盤の盛り上がりが凄まじく王道展開が大好きな僕にはたまりませんでした

音楽の方はもう本当にハズレが一曲もなくて
印象に残った方は数しれず
あんまりやすやすと「神」と言う言葉を使いたくいないんですが
これには本当にビックリしましたよ

またゲームの方もそこそこの難易度でしたが
サクサク進めることができて僕としてはちょうどいい感じでしたね
後半のダンジョン内はひいひいいいながら逃げてましたが
ボス戦は全部初見で倒せたのでバランスはさほど悪くないと思います

ロークライグ系初の挑戦でしたが
予想の何十倍も楽しめて本当に買ってよかったと感じた作品です
まあ詳しくはレビューをどうぞ!

関連記事
「超」の名に相応しい力作! 「ポケモン超不思議のダンジョン」レビュー

2位は

ファイアーエムブレムif 白夜王国

ファイアーエムブレムif 暗夜王国


2位は3タイトル発売されたこのタイトル
全ルートプレイしたので「ファイアーエムブレムIF」という一作としての評価となります

僕は前作「覚醒」がとても好きだったので
前作を超えるかが一つの焦点だったのですが
3ルート全部プレイした感想としては前作並みに楽しめたかなという感じですね

基本ベースは前作のままですが
相変わらずシュミレーションRPGとしては非常にテンポがよく
特に今作は相手ターンもスキップできてしまうので
もうこれ以上ないくらいに快適なゲームでした
ユニットを成長させて自分の好きなように強化する楽しみも健全
遭遇戦も百夜透魔に関してはかなり快適に行えましたね

一方今作で前作より良いと感じたのが
暗夜全体のシビアな難易度とステージの仕掛け
特に仕掛けが面白いステージが連続して出てくるので
難易度イージーなのにじっくり考えてしまいましたよ
これは前作には明らかになかった良い点ですね

BGMも前作ほど好みではありませんでしたが
百夜の和の雰囲気や
相変わらずクオリティの高い遭遇戦BGM
ラスボス戦BGMなど良い曲が多かった印象です

一方発売前からプッシュされていたストーリーに関しては
普通だなーという印象でした
ストーリーに関してかなり甘い僕でも普通だと思ってしまう程度だったので
案の定世間での評判は宜しくないですね
うーん、正直覚醒とさした差は感じませんでした
ストーリーに力を入れたなんて余計なことを言わなければ良かったものを

ただそれでもわざわざIFというタイトル形式にしたストーリーだけはあって
暗夜ラストあたりは驚きましたね
なんだかんだで透魔最後はそれなりに感動したので
そこまで嫌いではありません
突っ込みどころは多かったですけどねw

キャラクターに関しては悪くないけど前作からはやや劣る印象
特に女キャラが弱かったかなと
人気投票みりゃわかりますけど王族兄弟で人気なの
ほとんど男キャラなんですよ
シナリオで優遇されすぎというかなんというか
僕はエリーゼが一番気に入ったんですけどね

とまあこんな感じかな
シュミレーションRPGとしては完成度が非常に高いので
初心者にもおすすめ
とりあえずは百夜を押したいかな
単品だと覚醒にやや劣りますけどね

1位

Splatoon


さて今年の1位はこのタイトル!
もっとももうここまで来たらほぼわかっていたとは思いますが
年末でも爆売れしている新規タイトル久々のミリオンのこのタイトル

最初から買う予定のタイトルだったとは言え
正直ゼノクロの後のタイトルだったので比較的ノーマーク気味だったのですが
もうなんと現在の総プレイ時間は600時間に迫る勢いですよ!
ここまでプレイしたゲームはドラクエ10を除くと初めて
あのポケモンXYすらも超えましたからねw

全体的な各武器の良バランス(やや壊れ気味なのもありますが)
一ゲームのテンポも良いのでついついプレイし続けてしまう中毒性といい
とにかく時間泥棒のゲームですw
深夜帯に友達とスカイプ通しながらタッグマッチやっていると2、3時間あっという間に吹き飛ぶほど
麻薬みたいなゲームといっても過言ではありません

またそこまで敷居が高くないので
僕のようなさほどアクションゲーけが上手くない人でも
練習さえつめば色々な武器が使えるのがとても良いと思いました
もっぱら最近はチャージャーしか使っていませんが
武器もいろいろあってたまーに試すのも楽しいですね!

また新ステージや新武器の小出し、フェスなどの話題作り等
宣伝も非常に素晴らしかったです
ここら辺は異様に力が入っていてそこがちゃんと結果につながった感じですね

正直ここまでハマったのはオンラインの影響が大きいですがそれでもやっぱり
ゲームとして面白くなければここまで続かないんですよ
なので本当によくできているタイトルだと思います
100点は上げませんが
99点くらい上げたい
そのくらいハマったタイトルでした


さて以上トップ10でしたー
10作品中8作品がRPGと今年はRPG比率が非常に高くなった年でした
まあ肝心の1位はRPGじゃないんですけどねw

全体的にそこまで期待していないタイトルが凄まじく面白いというケースが多く
予想外に楽しめた1年でした
全体的な水準は昨年より上ですね