まあなんかあるんじゃない?

主にコンシューマーゲームの情報や感想を取り扱うブログです。でも日記の割合も高いかも。

MENU

前作から順当にパワーアップした大作! 「真・女神転生Ⅳ FINAL」 レビュー

今日は非常に珍しい2月29日なんですね
前回のうるう年は2012年、すなわち僕がまだ中学3年生だった頃なので
なんだかかなり昔のことに感じます
このブログの1つ前のブログをやっていたころの話ですからね
懐かしいわけだ

しかし2月もあっという間に終わってしまいました
まだまだ春休みは続くとは言え
そろそろ先のことも考えていかないと

ということで完成していたレビューを投下!




さて今回レビューするのは「真・女神転生Ⅳ FINAL」
この作品は今年の2月10日にセガ(アトラス)から発売されたRPG
2013年5月に発売された「真・女神転生Ⅳ」の正当な続編ですね
初報は確かⅣの廉価版が発売された辺り
昨年の9月頃だったでしょうか
もともとぼくは前作がとても楽しめただけあってかなり期待していましたね

プレイ時間は55時間21分
一応1週目でこの時間だったので中々の長さでした
前作はカオスルートクリアで38時間程度だったので
ボリューム的にはかなり増えましたね
周回要素があってこれなのでかなりヘヴィーだった印象
まあ携帯機アトラスゲーだとP3P、PQはこれ以上長かったんですけど

ゲームの特徴

基本的には前作に沿ったゲームとなっていて
システムに大きい変化はありませんでした
しかし全体的に前作から改善点が多かった印象です

まずパートナーシステムの改善
悪魔のスキル属性の固有値の付加
後は目的地がわかりやすくようになるシステムなどなど

また今作は前作とは異なり初見でニュートラルルートに進みやすくなっていますね
なので1週目でスッキリしたい人はオススメの作品です

評価点

・テンポよくバランスの良い戦闘システム



今作も例によって採用されているのはプレスターンバトル
基本的には前作と大きく変わりはありませんが
難易度の高さは相変わらずのものの前作にあった理不尽さは少なくなっていました

先ほど述べたように前作では弱いどころかむしろプレイヤーを殺すこともあった
パートナーシステムですが
今作ではターンを一ターンプラスしてくれるという
かなり助かるシステムになっていました

特にボス戦ではそれをしっかり活用してもギリギリの戦いとなるので
戦闘システムの調整はかなりされていると感じました(難易度は戦争です)
でも今作は前作のミノタウルスほど壁ボスはいなかった印象
でもラスボスは相当強かったなー
あれだけこちらも強化して挑んだのに
運ゲーまでに持ち込んでくるんだから今作のラスボスは相当ですよ(無限大の力)


また全体的にスキルも増加しており
ニヤリシステムもより重要なシステムになっていて
戦闘内でどう技を使っていくかという取捨選択も中々面白かったです

一方雑魚戦は相変わらずのサクサク感
先制を取られるとあっさり死ぬのもまたサクサクしていましたね(白目) 
総じてボス戦、雑魚戦バランスの良い良調整でした
ここらへんはアトラスゲーは毎回しっかりしていますよね

・相変わらず面白い悪魔配合、悪魔交渉



今作も恒例の悪魔配合システム、悪魔交渉システムは健在
おおまかな要素は前作と変わりありませんが
相変わらず悪魔に交渉して仲魔にしてから
スキルを遺伝させて新しい悪魔を作っていくシステムはとても面白かったですね

また今作には前作にはなかった悪魔毎のスキルの適正値というものが存在し
単純にスタータスだけでスキル構成を決めるというシステムではなくなっていました
前作は全体的に悪魔の個性が薄かったので
この適正値のおかげでだいぶ色々な悪魔を作る理由が生まれていてよかったですね

悪魔交渉も今作は全体的に会話のバリエーションが増え
意味のない会話から理不尽極まりない選択肢まだ様々
とても面白かったです
やっぱり悪魔交渉は笑いを呼び込む

後今作は1週目でもレベルがカンスト付近までにはいくので
だいぶ多くの悪魔を使うことになります
中々強力な悪魔が作れると愛着が湧いてくるのも楽しいんだよなぁー!



・全体的にパワーアップしたストーリー



今作はボリュームが多くストーリーも
前作の1週分よりは遥かに長くなっているのですが
その分全体的なキャラ同士の絡みや仲間になるキャラクター数は
前作より多かった印象です

キャラクターも各勢力ごとにバラバラだった各人が
次第には心を通じ合わせていくというのは
前作が全員同じ出身で結局袂を分かつ展開になってしまっていただけに
熱かったですねー
また前作のラスボス同士の対談、第3勢力の登場などなど
前作をやっているとより楽しめるシーンが多かったのも良かった

そう、今作のストーリーは全体的にメガテンにしては珍しく
キャラが葛藤をそれを乗り越えて仲間と共に成長していくという王道的な展開が多く
僕のクリアした絆ルートはペルソナといっても通りそうな感じてした
ラスボス戦の展開なんかも特にね
ここは賛否分かれると思いますが
ぼくはこういうストーリー大好きなので良かったです

また実質的なもう1つの分岐のルートは友人から話を聞いた限り
とてもとてもメガテンしているストーリーになるらしいので
馴れ合いが嫌いな人はそちらへ進むといいんじゃないでしょーか

ちなみにぼくはキャラクターでは
女性ではノゾミさん、男性ではハレルヤくんが一番好きでした
ネットを見た感じではトキが一番人気なのかな?
いいキャラクターが揃っていましたね

・クオリティの高い新曲

今作は前作の曲を流用しているシーンもあるのですが
新曲も前作の数ほどではないもののある程度多かった印象です
サントラを見る限りでは全37曲だったようですね
大体前作の3分の1くらいかな?

全体的に戦闘曲の出来がよく
通常戦、中ボス戦、ラスボス戦などなど色々な良曲が揃っていましたが
個人的に一押しなのが「Battle - f4 多神連合」



前作ボス勢の雰囲気とはまた違った、
救済を説くうさんくさい感じの多神連合勢のイメージと
よくあっている曲なんですよね
特に0:42~のフレーズが熱くここら辺で会話イベントが挟まると
燃えること間違いなし
多神連合事態濃いキャラ揃いなので
この曲が流れるシーンは印象深いですねー
薄かったのは瞬殺してしまった菩薩1戦目くらいか

・携帯機ながら中々のボリューム

先ほどからなんども述べていますが今作は
周回要素、やり込み要素が割と多いのにも関わらず
1週目で50時間以上プレイすることの出来る大作です
ストーリーを進めるだけでなくサブクエスト各自で展開されるストーリーの存在や
強敵のいるダンジョン
それらをストーリー後半になってくると割と自由に行き来しつつプレイできるもよかった

おそらく全ての要素をクリアするには100時間は普通にかかるのではないでしょうか
ビルダーズもそうでしたが最近は携帯機でも据置き機並のボリュームの作品が多く
携帯機をよく使う者としては嬉しい限りですね

・全体的に改善された細部の部分

僕はおそらく前作のレビューではほとんど書かなかったと思いますが
前作で全体的に文句を言われていた細かい点は
発売前から改善されているといっていただけあって
しっかりしていた印象です

具体的に良いと思ったのは
目的地の表示と遺物予想売値の表示かな
どちらも移動のめんどくささが改善されていてよりプレイしやすくなっていました
これ以外にもいろいろ改善されているのですが
まあ主に気づいたのはこのくらいか

問題点

・バグの存在

発売日が年度末近くだったという事もあったのか
今作、割とひどい感じのバグがいくつか存在するんですよね
僕が遭遇したのは
プレイしていたら急にエラーが発生してホームメニューに戻されたのと
悪魔会話をしていたらフリーズした2点
どちらも中々ひどいバグだと感じたのでここはマイナス点です
年度末付近の発売日だからといってバグを残していいなんて事はないですからね
ここはしっかりして欲しかった

・必要性を感じないフィールドアクション



今作にはダンジョンを探索していると飲み込まれる要素があり
それを解除するにはボタンを連打しないといけないのですが
正直この要素いるかな?と感じてしまいましたね

ナバールの剣はまだダンジョン内でのルートを考える要素を考えるので
まだ必要性を感じるのですが
こちらは別に、ただだだ鬱陶しいだけだなーと
ゲーム性にメリハリをつけたいのはわかりますが
これはいらなかった

・完全新作…?

本作、ツイッターの宣伝ではやたら完全新作という点が押されていましたが
フィールドの使い回し、悪魔の使い回し
音楽の流用等やストーリーが前作をプレイしていないと
理解しにくいなど
なんだか違和感のある宣伝に感じてしまいましたね

いや、確かに完全版という印象をつけさせないためにアピールしていたのはわかるのですが
さすがにストーリーを今作からプレイするのは厳しい気がしました
わからないことはないのかもしれませんが
さすがに説明が足りないと思います
新作としては確かに完全版なんかでは全くないのですが
「完全新作」かと言われると違和感があったんですよね
直接ゲームに関係する要素ではないので
そこまでこれで点数を下げるわけではありませんが
気になったので一応




こんなところでしょうか
細かい欠点も少なくバグの存在以外はかなり全体的に
きっちり仕上げてきたなという印象です
ネット上での評判もかなり良く賛否あった前作の印象は払拭できたんじゃないですかね?
まあ僕は前作から好きでしたが

全体的にストーリーや戦闘システムは前作から
より丁寧な作りになっており
ボリュームもたっぷりな今作
でも4からプレイしないと分からない点も多いので
そこは少々マイナス点か
それでも4をプレイして今作をやる価値は十二分にあると感じました
間違いなく3DS5本の指に入るRPGだと思います!(デジャヴ)

携帯機で骨太なRPGがプレイしたい人は是非
そうでない人でも4が楽しめた人なら楽しめるかな

総合評価 94/100

総合評価の基準

90~100 神ゲー
80~90 良ゲー
70~80 凡以上良未満
60~70 凡ゲー
それ以下 糞ゲー 

(点数は結構適当なのであくまで目安です)
※このレビューはあくまで主観です